銀座のママに聞くミシュランに頼らないデキる男の銀座ディナーガイド » 銀座で中華ディナーを食べたい

銀座で中華ディナーを食べたい

銀座で中華ディナーを楽しむことができるお店を3店舗ご紹介します。その3店舗とは赤坂離宮、レンゲ、筑紫樓です。どのお店もクオリティーが高くお料理もサービスも素晴らしいお店です。各店舗の特徴をまとめました。

赤坂璃宮

赤坂離宮 銀座店は知名度抜群の中華の名店です。日本の季節食材と本場の食材を上手に扱って最高の広東料理を提供してくれます。「医療同源」の考え方をお料理に込めています。味付けはスパイスや油をさりげなく控え、素材の持ち味をいかした優しいもの。シックながら高級感ある店内は落ち着いた囲気があり、洗練されたスタッフによる暖かい接客はくつろげる空間を演出してくれます。個室は大小合わせて7つあり、記念日のデートや家族のお祝い、会社での接待など目的に合わせて幅広く使用することができますよ。

銀座ディナーの名店「赤坂璃宮」について

レンゲ

かつて新宿にある上海料理の名店「シェフス」の故・王恵仁氏に師事したこともあるオーナーシェフの西岡英俊氏によるお料理がレンゲ最大の魅力。中華料理の基本を軸としつつも枠に囚われない斬新なお料理を提供してくれます。味の土台は「油」と「塩」。10種の油と8種の塩を駆使した調理法です。研究を重ねて行き着いたシェフ渾身の調理法で、中華は油っこいという概念を覆してくれることでしょう。芳醇なワインとも合う中華料理になっています。

銀座ディナーの名店「レンゲ」について

筑紫樓

筑紫樓銀座店はふかひれ料理が中心の中華料理店です。入り口エントランスには尾びれだけでも約1.5メートルもある大きなふかひれがディスプレイされています。また店内にはプレゼンルームという場所があり、扉の奥には深海を思わせる空間が広がっています。巨大な水槽には伊豆や八丈島で一本釣りされた新鮮な魚が泳いでいたり、たくさんのふかひれが置いてあるお部屋。見ているだけでワクワクできます。ふかひれが心行くまで味わえる「大ふかひれコース」の前菜には、他店ではあまり見ない珍しいふかひれのお刺身が。ふかひれを様々な調理法で楽しみたい方にはとてもおすすめできるコースとなっています。

銀座ディナーの名店「筑紫樓」について