銀座のママに聞くミシュランに頼らないデキる男の銀座ディナーガイド » 銀座で和食ディナーを食べたい » 天ぷらが重くない銀座のお店 » てんぷら山の上 Ginza

てんぷら山の上 Ginza

銀座で天ぷらディナーを楽しみたいあなたへ。銀座ディナーガイド編集部が、ツウな店舗「てんぷら山の上 Ginza」をご紹介します。また、店舗のツウなおすすめポイントを、銀座に精通している銀座ママに聞いてみたので、参考にしてくださいね。

てんぷら山の上 Ginzaの特徴

天ぷら山の上Ginza

※引用元:天ぷら山の上Ginza公式HP(https://www.yamanoue-hotel.co.jp/tempurayamanoue/ginza/)

てんぷら山の上 Ginzaに行ってみたいと答えた人
(※編集部独自調査結果)
6名/75名(4位/5店舗中)

※銀座ママいち推し店舗の内装やディナーメニューの写真を都内で働く75名の女性に見せ、「行ってみたい店舗」を選んでもらった結果を掲載しています(調査期間:2019/9/1~9/30)。投票結果のまとめはこちらからご確認ください。

店主のこだわりが詰まった空間

商業施設「GINZA SIX」のなかで、ホテルレストランとして出店をしたのが「てんぷら山の上Ginza」。銀座駅から徒歩約2分のところにあるため、悪天候でもアクセスが良いです。茶室に見立てたキッチンでは、臨場感あふれる職人技を間近で見ることができます。バーカウンターには樹齢200年を超える檜を使用。素材の色、旬の旨味を職人の技で最高の天ぷらにするのが、こだわりとのこと。

サクッと仕上げるためのこだわりはごま油

その時期に獲れる旬の食材を各地から厳選。野菜や魚介を伝統の江戸前技術と独創性で、天ぷらに変化させます。天ぷらは、2種類の100%胡麻油をオリジナルの分量で混ぜ合わせ、使う分だけ入れて変えています。油の鮮度を保ち食材の旨みを最大限に引きだすこだわりが、ここにも現れているんですね。魚介は高温で揚げることでカラッと、野菜は低温でじっくりと揚げるのでサクッと仕上がりますよ。

シニアソムリエの資格をもつ料理長が在籍

「てんぷら山の上Ginza」では、寺岡料理長が厳選した食材を全国から仕入れます。レンコン、人参の天ぷらなどは、低温で揚げているため、ホクホクとした味わいと素材の甘さが特徴。シニアソムリエの資格を持つ料理長、ソムリエや利き酒師が在籍しているため、ペアリングの相談もできます。自家製シャーベットでさっぱりと〆るのが、「てんぷら山の上Ginza」の楽しみ方の一つ。

銀座ママのツウなおすすめポイント
てんぷら山の上 Ginzaのカウンターを見渡すと、杢目の扉が目に入ります。これ、実は山の上ホテル創業時から受け継いできた「氷の冷蔵庫」なんですって。下ごしらえした食材の鮮度を保つための工夫をしているらしいので、店舗へ行ったらぜひお店の方に質問してみてくださいね。
銀座ママ

てんぷら山の上 Ginzaのディナーメニューについて

ディナーメニューの価格 20,000円~30,000円
ディナーメニューの内容(一部) 海老の頭、海老、アスパラガス、鱧、さつまいも、太刀魚、銀杏、栗、牡蠣、南瓜、むかごなど

てんぷら山の上 Ginzaの口コミ

天ぷらのイメージを変える

気軽に通える点や美味しさなどのバランスがよく、今年一番訪問しているお店。料理長の寺岡さんは研究熱心なのが伺える。牛蒡やレンコン、間引き人参の天ぷらなど晩秋に食べてとても美味しかった。今まで食べた天ぷらと違う衝撃を受けました。

寺岡ワールド炸裂

鱧はとても身が厚く脂も十分に乗っている。いつも食べる鱧の天ぷらとはまるで別物。 トウモロコシの天ぷらは焦がし醤油でいただくという結論に想到するのは素晴らしい。ごちそうさまでした。

てんぷら山の上 Ginzaの基本情報

営業時間(定休日) 11:00~15:00 (L.O.14:00)、17:00~23:30 (L.O.20:30)
住所 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 13F
アクセス 銀座駅A3出口より徒歩2分
その他 全席禁煙、50席、サービス料10%、カード可

外せない銀座ディナーに
ピッタリな天ぷら屋3店はこちら